任ぱくヨッシーのクッキーふりーく

2P対戦のコツ

対戦でもっとも重要なのは、ヨッシークッキーの使いどきです。ヨッシークッキーを消すことで起こる「効果」は、「+3」「−3」「−7」そして「BLIND」「PANIC!」「SLAVE」の6種類。今回は、これらの効果をうまく使うための戦術を伝授します。やや初心者向け。

「+3」「−3」「−7」

「+3」「−3」「−7」の3つは、言うまでもなくただ発動させるだけで自分にメリットがある効果です。中でも「−7」は、相手にストレートに大きなダメージを与えることができるので、優先して狙いましょう。

「BLIND」

「BLIND」は、外っかわの部分を残してフィールドを覆い隠します。と言っても、クッキーはぜんぶで5×5の25枚だけなのである程度は覚えているし、見えるところまでクッキーを移動させれば確認できるので、あんまりじゃまはできませんね……。相手が初心者なら、嫌がるかも。

「PANIC!」

「PANIC!」は、フィールドのクッキーのならびをぐちゃぐちゃにします。ならびを崩されたクッキーはすぐに修正できますが、痛いのは、ぐちゃぐちゃにされている間クッキーを操作できないことです。極端な話、相手に「PANIC!」を食らわせて、その隙に連鎖でヨッシークッキーをためて、間髪入れずに再び「PANIC!」なんてことも……。

まぁ、ここまでうまくいくことは稀ですが、それでもこればっかり相手に使われるとやりづらいのは確か! かなりいやらしい効果だと言えます。

「SLAVE」

「SLAVE」を使うと、少しの間だけ相手のカーソルを操作することができます。この効果こそクッキー対戦の神髄! 条件がそろえば最大級の嫌がらせが可能です。

たとえば……相手に向けて「SLAVE」を発動! そして、相手のヨッシークッキーをそろえて相手に「−7」! とかね。これが決まったら、もう相手は「きぃーーーっ!」となること間違いなし。

相手のカーソルを動かしているときは同時に自分のフィールドのカーソルも動いちゃいますが、気にせずに相手への嫌がらせのことだけを考えましょう。ただし、自分のタイムゲージには注意。

ヨッシークッキー、ためるか使うか

対戦では、連鎖・同時消しをするとヨッシークッキーが5枚、つまり1列ぶん出現します。なので、連鎖に慣れてくるとすぐにフィールドがヨッシークッキーでいっぱいになり、誤って自分に被害を及ぼしてしまうこともしばしば。

それを避けて早めにヨッシークッキーを使ってしまうか。それとも、なるべくダメージの大きい効果を待つか……。この辺のセンスが、勝敗を大きく左右します。

終わりに

対戦における戦略、少しは見えてきたでしょうか?


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長