任ぱくドクターマリオふりーく

ドクター初心者の心得

ドクターマリオ初心者の、心がけるべきポイントです♪

「A」「B」を使い分ける

「A」と「B」ではカプセルの回転する方向が違います。そんなこたぁわかってるよ、と言いたいひともるかも知れませんが、次々と投下されるカプセルに対して瞬時にボタンを判断するのは意外と難しい……。

「A」は時計回り「B」は反時計回りです。しっかり体に刻み込むべし。

横消しを忘れない

ドクターマリオでは、上からカプセルが投げ込まれるためどうしても縦に積み上げて消したくなっちゃいます。しかし、ウィルスレベルが高くなると上に空間がなくなり、縦に積めなくなってくる……そんなとき、活躍するのが横消しです!

ドクターマリオ説明画像3-1
これどうする?
5秒考えよう

ドクターマリオ説明画像3-2
こうやって…

ドクターマリオ説明画像3-3
横に消しゃ
いいじゃん

縦、横あらゆる可能性を考えながらプレイしましょう。

カプセルの落下時間を減らす

カプセルを横にして片側だけをちぎるように消してしまうと、落下に時間がかかって損をする場合があります。

ドクターマリオ説明画像3-4
こういう消しかたを
しちゃうと…

ドクターマリオ説明画像3-5
カプセル右半分が
落ちるのに
時間がかかる

ドクターマリオ説明画像3-6
まだかなぁ…

こういうときはカプセルを縦に置くほうがいいですね。逆に、縦にして消したほうがロスが多いこともあります。要は着地点が近くなるように置くこと。特に1秒を争う対戦モードでは、こういうミスが後になって響いてきます。

この仕組みを逆手に取って、1人用で高いレベルに挑戦するときに「わざと落下時間が長くなるように消す」という手もあったり。

対戦は大連鎖を狙う必要なし

対戦では、連鎖をすると相手フィールドに「ハーフカプセル」を降らせることができます。その数は次のとおり。

連鎖の数送られるカプセルの数
2連鎖2個
3連鎖3個
4連鎖4個
5連鎖4個
6連鎖4個

連鎖だけじゃなく「同時消し」でもいっしょです。

表を見てわかるように、「4連鎖」しても「2連鎖を2回」しても相手側に降るハーフカプセルの数は変わりません。しかも4連鎖からは増えてないし……。それならば、わざわざ大連鎖を組むよりも2連鎖を連発したほうがいいですよね。さらに、ハーフカプセルが落下するのにかかる「時間」もかなり有効な妨害になるので、なおさら連鎖は小出しにしたほうが効果的と言えます。

ちなみに、相手に送られるハーフカプセルの色は連鎖を起こしたカプセルと同じ色になるみたいです。

終わりに

工夫できるポイントをどんどん見つけて、ライバルに差をつけろ!


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長