任ぱくハッピィパネッチュふりーく

パネッチュ初心者の心得

傾け操作に慣れて、パネッチュを本当の意味で楽しむには、ぶっちゃけ若干の根気が必要です。なんとかその手助けを。

楽な姿勢を見つける

ハッピィパネッチュは、GBAを水平にしてそれを上からのぞき込むようなスタイルでプレイするので、ふだんと同じ姿勢で遊ぶと高確率で首などを痛めます。冗談抜きでこれが最初の壁。自分なりに無理のない姿勢を探してください。

おすすめの姿勢は、「背中に布団をいい感じに丸めて座って壁にもたれる」です。

パネッチュは出せるだけ出す

最初のポイントは、パネッチュをどんどん出してフィールドをいっぱいにすること。フィールドにパネッチュが多ければ、それだけくっつく確率も高くなるし、コンボも長く続けられます。出しすぎてゲームオーバーになることは、たぶんないと思いますし。

初めは適当に傾けてればいい

ハッピィパネッチュは、どんなに悩んでも傾ける方向は上下左右の4つしかありません。4つのうち正解が1つあるとしたら、誰がやっても1/4の確率で正解の方向に傾ける、と言おうと思えば言えるわけです。

しかも色の種類も4つだけなので、あんまり考えて傾けなくてもけっこう消えます。適当にカチャカチャやっているうちに、「こういうときはこっちに傾ければよく消える」とか「こうなってしまったらもうどうやっても消えない」みたいなことがわかってくるんです。

こうしてエラそうに言っている僕も、たぶん半分近くのパネッチュは意図せず消えています。それじゃダメなんですけどね(笑)。

傾けたらすぐに水平に戻す

GBAを傾けてパネッチュを滑らせた後は、すぐに水平に戻す。このクセをつけることが大事です。「右に傾けたままダイレクトで上に傾ける」なんていう操作をしていたら、うまく操れないし画面も見えません。

終わりに

認識される傾きが4方向だけなので、この手のゲームとしては誤操作もかなり少ないほう。最初は動かしづらかったり見づらかったり首が痛かったりでキツいかもしれませんが、ちょっとだけがんばってみて!


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長