任ぱくパネルでポンふりーく

パネルでポンとは

歴代のアクションパズルの中でも、ひときわ高いゲーム性を誇るパネルでポン。根強いファンの多い名作を、わかりやすく紹介していきます。まずは基本ルールから。

入れかえてそろえる

パネルでポン(パネポン)は、下からせりあがってくるパネルを天井につかないように消していくパズルゲームです。カーソルでパネルを左右入れかえて、縦か横に3枚以上同じ絵柄をそろえると消えます。斜めはダメ。

パネポン説明画像1-1
カーソルを合わせて
ボタンを押すと…

パネポン説明画像1-2
カーソル内の左右が
入れかわり
が3枚そろう

パネポン説明画像1-3
が消えると
上に乗っていた
が落ちる

んー、シンプル。楽しそう♪ カーソルは画面上を自由に動かせますが、上下のパネル入れかえはできません。また、「L」か「R」(GBカラー版では「B」)を押せば、次の段のパネルを素早くせり上げることができます。

「連鎖消し」と「同時消し」

パネポンには「連鎖消し」と「同時消し」という2つの特別なテクニックがあります。

「連鎖消し」とは、パネルを消したときに、その上に乗っていたパネルが落下して続けてそろうこと。

パネポン説明画像1-4
この位置でパネルを
入れかえると…

パネポン説明画像1-5
が3枚
そろって消え…

パネポン説明画像1-6
続けてが消える
これで2連鎖!

パズルゲームではおなじみのテクニックですね。連鎖に成功するとキャラクターが声を出すので爽快!

そして、パネルを4枚以上一度に消すのが「同時消し」です。

パネポン説明画像1-7
たとえば
これだと4個消し

パネポン説明画像1-8
これは6個消し

パネポン説明画像1-9
こんな消しかたも
できる

お察しのとおり、どちらの技も対戦で攻撃できたり、スコアアタックで高得点だったりします。

充実のゲームモード

続いて、パネポンで遊べるモードを紹介しましょう。おもな1人用モードは次の5つです。

「エンドレス」
ゲームオーバーになるまでひたすらパネルを消し続ける
「スコアアタック」
2分間の制限時間の中で高得点をめざす
「ステージクリア」
用意されたステージで、クリアラインよりも上のパネルを急いで消す
「パズル」
用意されたステージで、パネルをすべて消す手順を考える
「VS」
コンピュータと対戦する

でもって、もちろん友だちと対戦もできます。それぞれのモードで違ったおもしろさを味わえるので、1人でも多人数でも飽きることなく楽しめますよ♪

パネポンシリーズ作品

ところでさっきから「パネポン」「パネポン」と言っていますが、パネポンにもいろいろありまして、現在日本では5種類が発売されています。

他に、スーファミの衛星放送受信システム「サテラビュー」版のパネポンや、海外だとロクヨン版もありますが、どちらも入手は困難ですね。

最新作の『ドクターマリオ&パネルでポン』は、ドクターマリオとセットで2000円という低価格。にもかかわらず必要な要素はすべて入っていて、パネポン初めてのひとにオススメです。

終わりに

パネポンは正直言ってマイナー。「知ってるひとは知っている」程度。それでもコンスタントに続編が発売されるのは、おもしろいという確信があるからです、きっと。


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長