任ぱくパネルでポンふりーく

時間差連鎖を知る

パネポンには「時間差」という特殊な連鎖のしかたがあります。ゲーム中のチュートリアル「じょうたつへのみち」でも解説されてはいますが、仕組みがわかりづらくなかなか狙って出せるものではありません。しかし、実はかなり重要なテクニック。アクティブ連鎖を知っただけでパネポンをわかった気になってませんか?

2連鎖を2か所でやると3連鎖

時間差連鎖とは、一言で言うと「連鎖中に別の場所でも連鎖をすること」です。

パネポン説明画像b-1
たとえばこんな
消しかたをすると…

パネポン説明画像b-2
が消えて
2連鎖!

パネポン説明画像b-3
続けざまにが消え
カウントは3連鎖!

図ではの連鎖中に、の連鎖が起きたという理屈ですね。消えたパネルの上にあるの高さが違うので、そろうタイミングがずれるわけです。まさに、時間差。

時間差連鎖がなかったら、2連鎖が同時に2つ発生したりしてややこしいことになっちゃうから、こういう仕様なんですね。

おじゃまカウンターで時間差を狙う

時間差連鎖を最も活用できるシチュエーションが、「おじゃまパネルでカウンター」を狙うときです。カウンター用のパネルを下に2種類準備した場合、ふつうは同時消しになりますよね。

パネポン説明画像b-4
おじゃまパネルに
引火っ

パネポン説明画像b-5
お!
そろいそう

パネポン説明画像b-6
2連鎖+6個消しの
カウンター

でも、準備するパネル()の高さをずらしておくと……

パネポン説明画像b-7
同じように
引火っ

パネポン説明画像b-8
下の
高さに注目

パネポン説明画像b-9
時間差で
2→3連鎖!

連鎖の数を増やすことができるんです。すごいですねっ。

入れかえ操作で時間差をつくり出す

しかし、パネポンにはさらに高度な時間差テクニックがあります。なんと「同時に着地するパネルのそろうタイミングをずらす」という、物理の法則を完全に無視した技。パネポンには、着地が確定する前に一瞬だけパネルを入れかえられるタイミングがあり、この仕組みを利用して時間差を発生させるのです。

パネポン説明画像b-10
がそろった

パネポン説明画像b-11

落ちてくるよ
タイミングを見て…

パネポン説明画像b-12
入れかえっ!
これで3連鎖になる

図ではが2連鎖め、が3連鎖めになります。本来なら両方同時に消えるはずなんですが、下のが入れかえ中であるため、着地の確定がより一瞬遅れるわけです。ただし、タイミングはかなりシビア。入れかえるのが早いと2連鎖+6個消しに、遅いとの2連鎖だけに終わっちゃいます。でもまぁ、リスクは少ないのでどんどん狙っていきましょう。もちろん、おじゃまでカウンターのときでも可能です。

なお、「超上級テクニック」のページでは、この技を比較的簡単に成功させる方法を解説しています。

終わりに

まずは、たまたま起きた時間差連鎖を「今のが時間差か」と理解できるようになること。そこからさらに、「あそこで時間差連鎖が起きる」と事前にわかるようになれば、余裕を持ってアクティブ連鎖ができます。


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長