任ぱくパネルでポンふりーく

パズルモードのコツ

パネポンで遊べるモードの1つに「パズル」があります。アクション要素が強いパネポンの中で、唯一じっくり腰を据えて考えるモード。シリーズによっては、ステージ数は200を超えます。こんなやりごたえありすぎのモードの解説です。やや初心者向け。

パズルモードの基本ルール

初めに、どんなモードなのかを簡単に説明しときましょう。パズルモードの目的は、画面上のパネルを決められた入れかえ回数ですべて消すことです。

COUNT 2
パネポン説明画像c-1
画面上の8枚を
2回の入れかえで
消す問題

COUNT 1
パネポン説明画像c-2
ここを入れかえて…

COUNT 0
パネポン説明画像c-3
ここうすれば
ぜんぶ消える、と

ぜんぶ消すことができればステージクリア。序盤は簡単な問題が続きますが、入れかえ回数が4回とか5回になってくると相当悩みます。早く正解へ行き着くためには、どう考えればいいのか……。

4枚しかない絵柄に注目する

画面上に4枚しかない絵柄のパネルは、必ず同時に4枚消さないといけません。3枚で消してしまうと1枚だけ余ってしまいますからね。

これは5枚でもいっしょ。5枚の場合は、縦や横1列にそろえるだけじゃなくL字・T字・十字などの消しかたがあるってことも頭に入れておきたいです。

ちなみに、上の図で言うと……

  1. が5枚だな。同時に消さねば」
  2. 「しかし縦や横に1列にそろえるのは無理そうだ」
  3. 「お。こうしてこうすればL字で消せるじゃないか」

という流れで解くことができます。5枚のに注目してそれを消す方法だけを考えれば、は無視していても自然にそろうんですね。

そのままじゃそろわないパネルに注目する

パネルを動かすときは、そのままじゃそろわないパネルに注目します。「そのままじゃそろわない」とは、同じ列に2枚ダブっちゃっててどう考えても横3個消しにならないとかそういうこと。

COUNT 2
パネポン説明画像c-4
に注目

COUNT 1
パネポン説明画像c-5
いれかえて
今度はに注目

COUNT 0
パネポン説明画像c-6
これでぜんぶ消える

左の図。は縦に、は横に3枚ならんでいるので連鎖でそろう可能性が(一応)あると言えますが、Lの形は、このままでは縦にも横にもそろわないですよね。つまり、は絶対に動かす必要があるということになります。なので、まん中の図。を左にずらしてみると……今度は、がこのままではそろわない形になります。で、右の図。下のを左にずらします。と、バッチリぜんぶ消えますね♪

このように、「そのままじゃそろわないパネルを見つけてそろうようにずらす」という考えかたでパズルを解いていくのです。

パネルを消すのは最後の1手で

たとえば、設定された入れかえ回数が3回の場合「3手めで初めてパネルを消して連鎖でぜんぶ消える」というパターンがほとんどです。パネルを何回かに分けて消すという手段は、基本的には頭から外しちゃってOKです。

アクティブは不要

通常のパズルモードには、アクティブ連鎖をしないと解けない問題は1題もありません。海外ロクヨン版やパズコレ版だと、アクティブが要る問題と要らない問題に分かれていたりしますが。

終わりに

以上のコツを押さえれば、かなり楽になるはず。とは言えステージ数が多いので、「少し時間ができたときに1問だけ」という感じで気長にチャレンジしてみてください。


2007年04月18日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長