任ぱくパネルでポンふりーく

超上級テクニック

超上級者向けのテクニックを紹介します。ここまでくると、かなり練習が必要、かも。

超瞬間パネルすり抜け

パネポンには、パネルを入れかえてすぐに戻すとたとえ3枚そろっても消えない、という特性があります。

パネポン説明画像e-1
ここでボタンを押して
入れかえ

パネポン説明画像e-2
で、すぐにまた
ボタンを押す!

パネポン説明画像e-3
おおー
消えてなーい

つまり、ものすごい早さでボタンを2回押せば、入れかえが確定する前にさらにそのパネルを入れかえられる、ってわけですね。パネルは「A」でも「B」でも入れかえができるので、1つのボタンを2回連打するのではなく、「A」「B」をほとんど同時くらいのつもりで押すとうまくいきます。

で、ここからが本題。たとえばおじゃまパネルでカウンターを狙うとき、「このパネルを右へ持っていきたい、しかし途中に同じパネルが2枚ならんでいて、入れかえると消えてしまう」みたいな状況に出くわしたことはありませんか? そんなとき、素早く「A」「→」「B」と入力すれば、パネルを消さずに移動させることができるのです。

パネポン説明画像e-4
右から2列目に
を持っていきたい
でもガッチガチだ

パネポン説明画像e-5
しかし入れかえて
すぐにカーソルを
右に移動し…

パネポン説明画像e-6
消える前に
素早く入れかえっ
できた!

十字ボタンとの合わせ技になるので、かなり早い指さばきが求められます。が、使いこなせればここぞというときに役に立つこと間違いなし。ダメもとでいいから、狙ってみるべし。

超連打着地ずらし

時間差連鎖を知る」の最後でも解説したように、パネポンでは入れかえによって「同時に着地するパネルのそろうタイミングをずらす」ことができます。あの技はタイミングの見極めが非常に難しいのですが、それをほぼ確実に成功させるテクニックが、これ。

パネポン説明画像e-7
おじゃまでカウンター
このままだと
2連鎖+6個消し

パネポン説明画像e-8
しかしここで
連打で入れかえつつ
落下を待つと…

パネポン説明画像e-9
なんと
そろうタイミングが
ずれて3連鎖に!

手順を説明すると、

  1. おじゃまパネルの解凍中に、下に同じパネルを縦に2枚準備
  2. ならべた2枚のうち、上側のパネルの横にもう1枚同じパネルを準備
  3. 準備した同じパネル2枚を、連打して入れかえ続ける
  4. おじゃまパネルの解凍が終わり、パネルが着地

ていう感じ。んー、言葉で説明するのは難しい。とにかくこの条件でどりゃーっと連打していれば、簡単に時間差が成立するんです。やはり連打は、1つのボタンでするよりも親指をうまく使って「ABABABAB……」とやるほうが楽。

この技、実用性もさることながら何より楽しいっ♪ ぜひともマスターして欲しいですね。

終わりに

パネポンの上級テクニックの多くは、「パネルの移動が確定する直前に、入れかえられる瞬間がある」という仕様から生まれています。専門用語で言うと「入力受け付けフレーム」、これを見切らないといけません……ってどんなパズルゲームだ(笑)。


2007年05月07日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長