任ぱくパネルでポンふりーく

パネポンシリーズ作品比較

日本で発売されたパネポンを、個人的意見をまじえながら比較します。

『パネルでポン』(スーパーファミコン)

記念すべき、パネポン第1作め。その完成度は非常に高く、1人用も2人対戦も最新作であるGBA版となんら変わりなく楽しめます。

メニュー画面などのインターフェイスもわかりやすく、無駄がなく、かゆいところに手が届く親切設計で、文句のつけようがありません。バッテリーバックアップの機能をあえて外し、そのぶん定価を抑えた(5800円)という点も好感が持てます。

1作めにして完璧。この1本で、パネポンのおもしろさをほぼすべて味わえると言ってもいいでしょうね。

『ヨッシーのパネポン』(ゲームボーイ)

「パネポンを携帯機で」ってことで発売された作品。前作の妖精キャラが購買層をせばめる結果になってしまったためか、代わって『ヨッシーアイランド』のキャラクターが登場します。

キャラが変わったのは別に良かったのですが、ゲームボーイの低い性能と扱いづらいボタンのせいで、操作性がかなり厳しい……。ゲームボーイがダメなわけじゃなく、パネポンがふつうじゃないってことで。

ここでちょっとこぼれ話。『ヨッシーのパネポン』は白黒ゲームボーイ時代のソフトですが、ゲームボーイカラーで遊ぶとハード側の制御で特別に色が着くそうです(情報:N.O.M 第6号)。

『ポケモンでパネポン』(ゲームボーイカラー)

前作のヨッシーがあまりにもひどかったため、リベンジで出した(のだと思う)作品です。キャラが人気絶頂のポケモンに変更されていて、「なんとかこの最高のパズルゲームをみんなに遊んでもらいたい」という意気込みが感じられます。

操作性はずいぶんと改善されており、バッテリーバックアップで細かい記録が残せるし、ポケモンを育てる要素も入っていて、ゲームとしての出来はシリーズいちかもしれません。なにより僕は、新要素の「ばくはつせりあげ」が大好き♪ もっと大々的にアピールしていいシステムだと思います(「ばくはつせりあげ」については、「ばくはつせりあげのコツ」のページを参照されたし)。

『NINTENDO パズルコレクション』のパネポン(ゲームキューブ)

前作の『ポケモンでパネポン』がとても良くできていたので、それをベースにさらに遊びやすい作品になるだろうと期待していたのに、まさかの裏切り。謎の仕様が満載です。

記録の残りかたはなんか変だし、グラフィックの技術は完全に1世代古いし、「ばくはつせりあげ」はないし、3Dモードはあるし、もう不満たらたら。メニューもぜんぜん洗練されてない。

で、納得いかないのがGBAに転送して遊ぶジョイキャリー版のパネポン。「ばくはつせりあげ」あるしいろんな設定もできて、本作(キューブのほう)よりもかなり楽しいんです。ジョイキャリーの役目はあくまで「携帯できること」であって、わざわざそれに付加価値をつけて本作と差別化する必要はないだろう、と。いや、付加価値つけても別にいいんだけど、そのアイデアが本作よりも楽しいってどういうこっちゃ。わけわかんないっすよ。逆ですよ。

確実にスーファミ版以上の機能を持っているのに、スーファミ版よりも不満が多いという、なんとも後味の悪い作品になっちゃいました。まぁそれでも、ゲームの操作性はばっちりなので、ふつうに遊ぶぶんにはなんの問題もありませんけどね。新要素の4人対戦もそれなりに楽しいですし。

『ドクターマリオ&パネルでポン』のパネポン(ゲームボーイアドバンス)

出来の良かったジョイキャリー版のパネポンを、製品レベルに高めて発売したのがこれ。過去最高に細かいオプションと、過去最高にえげつない攻撃をしてくるCPUが売り。キャラクターは登場せず、必要なものだけを組み込んで2000円という低価格で発売されました。

ばくはつせりあげやスロウモードなど、『ポケモンでパネポン』であったシステムが復活したのが嬉しいですね。キャラクターがなくなったのは、ちょっと寂しい気もしますが。

あと、細かい話をすると、上級者同士の対戦で決着がつきにくくなりました。大量のおじゃまパネルを送られた場合、それを小出しに降らせられるのが原因。コンピュータと戦うと地獄のような長期戦(笑)。

『パネルでポンDS』(ニンテンドーDS)

タッチ操作とアイテム!? これまでかたくなに基本システムを変えなかったパネポンが、ついにネクストステージへ!

まとめ

とまぁ、いろいろ書いてきましたが、もともと完成度が高いのでどれを選んでも楽しいっすよ。


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長