任ぱくテトリスDSふりーく

対戦のルールとアイテム

テトリスDSは、本体を持ち寄ればカード1枚で最大10人同時に対戦可能。Wi-Fiコネクションにつなげば「スタンダード2人」「スタンダード4人」「プッシュ」の3つのモードで世界中のひとと戦えます。ルールも簡単。ここに書いてあることさえ読んでおけば、困ることはないはず。

ブロックを送って相手を妨害

「スタンダード」モードの対戦では、一度に複数のラインを消すことで相手にブロックを送ることができます。送れる量は以下のとおり。

同時に消したライン数相手に送られるブロック
1(シングル)なし
2(ダブル)1ラインぶん
3(トリプル)2ラインぶん
4(テトリス)4ラインぶん

一度に4ライン消す「テトリス消し」は、やはりレートが高く設定されていますね。

相手から送られてきたブロックは、自分のフィールドの下からせり上がる形で追加されます。このとき必ず1マスすき間が空いているので、必然的にテトリス消しのチャンスに。

テトリスDS説明画像2-1
順調に積めてると
思ったら…

テトリスDS説明画像2-2
相手からの
攻撃が!

テトリスDS説明画像2-3
でも大丈夫
ピンチはチャンス♪
テトリス返し!

ただし、すき間の位置はときどきずれるようになっており、そこさえ空けておけばいつでもテトリス消しができるというわけではありません。なお、すき間の“ずれやすさ”は対戦前に設定する「ハンデ」によって変わります。

3人以上で対戦する場合

1対1の対戦だと、自分の攻撃は必ずもう一方に送られますが、相手が2人以上いるとどうなるのか……。

(自分含めて)3人以上で対戦している場合、DSの上画面に「ターゲットマーク」が表示され、一定時間おきにプレイヤーを移っていきます。で、自分の攻撃は、「ラインを消したときにマークが表示されていた相手」に送られるという仕組み。ターゲットマークは左から右へ順に切りかわるので、タイミングをうまく合わせて狙い撃ち!

また、対戦前に「チーム」を設定することもできます。同じキャラクターのアイコンを選んだプレイヤーには、ターゲットマークが表示されません。つまり、攻撃ブロックが送られない。もちろんアイテムによる妨害も影響しません。

あと、先にゲームオーバーになったプレイヤーは「A」を押すと練習プレイが可能です。ここではいくらラインを消してもブロックは送れませんが、アイテムの攻撃は有効。負けた後も楽しめる、気の利いた設計です(残念ながら、Wi-Fi対戦では練習プレイはなし)。

6種類のアイテム

それではアイテムの説明を。対戦中「?」マークの付いたブロックがテトリミノに含まれていることがあり、それを消すとアイテムをゲットできます。アイテムは「X」で好きなときに発動。相手を攻撃するもの、自分をサポートするもの、 合わせて6種類あります。

「キノコ」
約15秒間、相手全員のテトリミノの落下速度が上がる
「テレサ」
約10秒間、相手全員の次に落ちてくるテトリミノを見えなくする
「バナナ」
使用直後、相手全員の積まれているブロックの配置が変わる
「かみなり」
約10秒間、相手全員のテトリミノが回転できなくなる
「こうら」
使用直後、自分のブロックが下から2ラインぶん消える
「スター」
約10秒間、自分にI字型テトリミノばかり降ってくる。さらに相手からのアイテム攻撃無効

使いかたとしては、「バナナは相手がテトリミノを置く直前に」「誰かがキノコを使ったら、合わせ技でかみなりを」「スターはテトリス消しできる状態を整えてから」という感じですかね。 ただ、アイテムは1つしか持っておけないので、 出し惜しみせずにバンバン使うほうが良いです。

逆に、アイテム攻撃を受けたときは、テトリミノをゆっくり落としホールドも駆使してしのぎましょう。

なお、「?」ブロックがフィールドにあるときに新しい「?」ブロックが降ってくると、もともとあった「?」ブロックはふつうのブロックに変わります。つまり、フィールド上に「?」は1個だけ。

終わりに

ワイヤレスで10人同時対戦を実現するのは、プログラム的にもかなり難しいことでしょう。さらにアイテムを加えるなんて、通常の開発チームならおそらく企画段階でボツです。が、それを見事にやってのけたテトリスDS。みんなで遊ぶことに対して妥協しない、熱い姿勢がうかがえます。


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長