任ぱくテトリスDSふりーく

T-Spinをさらに知る

「スタンダード」対戦時、T-Spinでラインを消すと、通常よりも多いブロックを送ることができます。送れる量は以下のとおり。

T-Spinの種類相手に送られるブロック
T-Spinシングル2ラインぶん
T-Spinダブル4ラインぶん
T-Spinトリプル6ラインぶん

なんと、最大で6ライン! ていうかそもそもT-Spinダブル、トリプルってなによ! というわけで、予想以上の力を持つT-Spin。前頁に続き、さらに解説します。

未来の主戦力、T-Spinダブル

「T-Spinダブル」とは、その名のとおりT-Spinで一度に2ラインを消すこと。

テトリスDS説明画像4-1
こういう形に
ブロックを積んで

テトリスDS説明画像4-2
接地したら
Aでねじ込み

テトリスDS説明画像4-3
T-Spinダブル!

T字型のテトリミノが┬の向きですっぽり入るすき間があるとき、すき間の上1マスをブロックでふさげば準備完了。そこにT字型のテトリミノを回転させてねじ込みます。シングルに比べるとだいぶ難しいですが、これでテトリス消しと同じ攻撃力ですからね。狙う価値は十分にあります。

一発逆転、T-Spinトリプル

「T-Spinトリプル」は、さらに複雑怪奇。

テトリスDS説明画像4-4
こういう形に
ブロックを積んで

テトリスDS説明画像4-5
接地したら
右にずらして
Bでねじ込み

テトリスDS説明画像4-6
T-Spinトリプル!
マジでか!

1マスぶんのすき間を通して┤の向きにねじ込むわけですから、もはや物理の法則を完全に超えていますねぇ。 ボーナスは魅力ですが、正直実戦で狙うのは難しい。ただ、ゲーム開始直後ブロックが1つもない状態で、T字型とL字型のテトリミノををうまく組めばできなくはないです。

テトリスDS説明画像4-7
これだと無理なんよ
あそこを平らに
組むのが難しい

テトリスDS説明画像4-8
たとえばこうしたり

テトリスDS説明画像4-9
こうすれば
いい感じに組める

対戦で相手に送れるブロックは、大量6ライン。さらにBack to Backと合わせれば……、恐らく致命的なダメージを与えられるでしょう。置きかたをミスしちゃって「ト」の形のすき間ができたとき、アドリブでT-Spinトリプルができれば熱い。

T-Spinの得点法則

T-Spinには、もちろん得点のボーナスもあります。ただこれが少々ややこしいことになってまして、ねじ込みかたで得点が変わるっぽいのです(以下、得点はすべて「マラソン」レベル10のもの)。

まず、T-Spinシングルの場合、8000点になる場合と、2000点にしかならない場合があります。

テトリスDS説明画像4-10
ここでAで8000点

テトリスDS説明画像4-11
ここでAだと
2000点

テトリスDS説明画像4-12
これをねじ込んでも
2000点

ちなみに通常のテトリス消しで8000点ですからね。同じ点数がシングル消しでも入る、ってことになります。

では続いて、T-Spinでラインを“消さなかった”場合。T-Spinは、テトリミノを置くだけでもボーナス点が入るのです。これも同じくねじ込みかたで得点が変わり、4000点の場合と1000点の場合があります。

テトリスDS説明画像4-13
ここでAで4000点
消えないのに4000点
実はBでも4000点

テトリスDS説明画像4-14
ここでAだと
1000点

テトリスDS説明画像4-15
ここでBを押す
パターンもあるけど
1000点

T字の付け根の部分T字の交差している部分が赤い画像を中心に回転させてT-Spinしたときは得点が高い……んですかね。

ちなみに、T-Spinトリプルは消しかたが1パターンしかなく、得点は16000点。

T-Spinダブルは、上で教えた形と、“T-Spinトリプル崩れ”でダブルになる場合と2通りのやりかたがありますが、これはどっちも12000点でした。んー、ややこし。

T-Spinの種類パターン得点
消さないT-Spin得点が低いパターン1000(+1000)
得点が高いパターン4000(+4000)
T-Spinシングル得点が低いパターン2000(+1000)
得点が高いパターン8000(+7000)
T-Spinダブル-12000(+9000)
T-Spinトリプル-16000(+11000)
※得点は「マラソン」レベル10のもの
(かっこ)内の数字は、T-Spinしなかったときとの差

終わりに

とにもかくにも熱くカッコいいT-Spin。トリプルは上級者向きですが、シングルやダブルは十分実用的なので積極的に狙っていきましょう!


2007年04月01日更新
ホーム:任天堂ぱずるふりーくh
制作:任ぱく部長